映画「傷物語-鉄血編-」感想

kizu

人気ライトノベル「化物語」シリーズ劇場版「傷物語-鉄血編-」。

5年ほど前から劇場版の話は出ていたようなのですが、延期に延期を重ねようやく劇場公開したこの作品。

何年も待った甲斐あって、映画としては時間が短めですが気合の入った作画と、物語シリーズならではの少ないキャストに言い回しの周りくどい長いセリフが輝いていました。喉が心配になるほど叫んでいた、主人公・阿良々木暦役、声優の神谷浩史さんの演技も素晴らしかったです!冒頭10分ほど、ほとんど叫んでいたのではないでしょうか。

キャラクターデザインも原作と少し変更があり、でもキャラクターのイメージを崩さず、良い味を出していたと思います。ショートカットの忍ちゃんかわいい!テレビアニメ版や原作の中でも、キャラクターの髪型が固定されていない、頻繁に髪型をチェンジする物語シリーズならではのアレンジではないでしょうか。

こちらの映画、3部作になっており1作目が鉄血編、2作目が熱血編、3作目が冷血編と順に公開していくようです。

原作小説を読破済みなのですが、映像となるとやはり迫力が違いますし、展開を知っていてもドキドキしながら映画館の座席に座っていました。

特にこの「傷物語」は他の物語シリーズに比べ戦闘シーンの多い作品になっているので、映像化するのに向いているといえるでしょう。

そして私の一押しキャラクター、羽川翼ちゃんの出番もありますし、続編がとても楽しみです。

鉄血編にも登場し、絶妙なカメラアングルにぐっときました(笑)さすがスタッフ、分かってる!

別のシリーズも映画化希望なのですが、やはりこれだけ長い時間をかけて1つのシリーズを劇場アニメ化しているので、望みは薄めですね。

アニメ版の続編もありますし、アプリ版の配信も無料で12話くらいの短編アニメを毎週配信は怒涛でしたし、過去のアニメシリーズの映像を使っていたところもありましたが、声優さんの声は撮り下ろしだったので、なかなか贅沢な配信だと思いました。

アプリも配信も終了し、現在アニメも制作中だと思うので、2作目の鉄血編の公開日が待ち遠しいです!

SNSでもご購読できます。