映画「言の葉の庭」感想

image1

新海誠監督のアニメーション映画は何といっても景色が実写のように美しいです。

2007年公開の「秒速5センチメートル」も、日常の風景や、田舎の雲や海など、アニメとは思えないリアルさで描かれています。

「言の葉の庭」では梅雨の時期のお話で、雨の描写がとても丁寧でリアルに表現されています。

新海誠監督の作品は「秒速5センチメートル」で知り、DVDで視聴しました。
3話構成の1話目は東京に住む主人公の貴樹と明里の小学生の頃から話は始まります。

二人はとても仲がよかったのですが、明里が転校することになり貴樹と明里は再会を願いながら文通を始めます。

しかし、距離が離れる間に心も徐々に離れていき、最後には手紙やメールをやりとりすることもなくなり、ただ呆然と過ごしている貴樹の姿が描かれて終了します。この作品の一つの恋が始まって、虚しく終わっていく過程があったので「言の葉の庭」ももしかすると、恋の終わりが描かれているのではないか?と思い映画館へ足を運びました。

しかし、「言の葉の庭」は主人公・タカオとその教師・ユキノの関係が続くようなラストを迎えたので、新海監督を見直しました!見直したと言ってはいますが、「秒速5センチメートル」の恋のままならなさも大好きなので、失望していたとかそういうわけではないです。

しかし、気持ちのすれ違いや、生徒と教師のような壁があったとしても、最後にタカオとユキノが幸せになってくれたのでとても嬉しかったです。

とにかくお話の内容からしても、3年生の女子に脅されてしまって、学校に行けなくなってしまったユキノには幸せになって欲しかったので本当に良かったです。

タカオが慰めるでもなく、ユキノに対して素直に怒りの感情をぶつけたことにより救われたんだなあと思いました。

そのシーンももちろん雨が降っていて、嵐のような悪天候から快晴に変わっていき、雲から射す太陽がちょうどユキノの心を表しているような、情景描写と共に描かれる心理描写が美しいです。

 

SNSでもご購読できます。