アニメ「TIGER&BUNNY」感想

image1

NEXTという人それぞれ異なる特殊能力が現れる世界で、NEXTを持った個性的な8人のヒーローたちが活躍するアニメ「TIGER&BUNNY」。

二人のウマの合わない主人公、ワイルドタイガーとバーナビーがコンビを結成し、シュテルンビルトという大都市を舞台に、NEXTを使った犯罪や災害などから人々を守りながら、絆を深めていきます。ヒーローたちには、捕獲ポイントや救助ポイントなどの集めたポイントによって順位の決まるランキング制でその様子はテレビ中継されていて、ポイントをより多く集めたヒーローが年1回キングオブヒーロとして表彰されます。

絶対の作風はアメコミのような、アメリカのような街並みとヒーローが必ず勝利するところが、安心して観ていられるアニメとなっています。ヒーロースーツもかっこいいデザインになっていて、ギミックも凝っていました。

また8人のヒーローの個性がとてもいいです。主人公のワイルドタイガーは真っ直ぐでヒーローということに誇りを持っているけど不器用なおじさんで、バーナビーは何でもこなせるけれど素直じゃない新人。

正反対の2人が数々の事件を経て、固い絆が芽生える様子に感動します。
そして面白いのが、実在する企業のアピールをキャラクターたちがしているというところです。

企業のロゴマークの入ったヒーロースーツを身に付け、物語が展開していく、新しい試みだったかと思います。

アニメ放送時には、実在する企業とのコラボレーション企画などやり易かったかと思います。

また、アニメ放送時間と同時刻にTwitterと連携した動画サイトでの配信も、視聴者が同じ時間に観られることと、Twitterのコメントを動画サイトのサイドに表示することで、隣で誰か一緒にいてアニメを観ているような感覚を味わうことができる、面白い企画だったのではないかと思います。

全26話と劇場版が2作品あり、ヒーローたちの個性や関係などは劇場版1作目「TIGER&BUNNY The Beginning」を観れば把握できるようになっています。内容はアニメ版の第2話までの内容に、劇場版のオリジナルキャラクターの犯罪者ロビン・バクスターをヒーローたちが力を合わせ捕獲する、という劇場版オリジナルのシナリオとなっています。

2作目「TIGER&BUNNY The Rising」からは完全オリジナルストーリーで、アニメ版の最終話からの続きの話になっています。
上映当時、映画館に足を運びましたが、二人の絆の固さと、ラストのタイガー&バーナビーコンビ再結成に涙が止まらなくなりました。

ハリウッド映画制作も決定し、これからもまだまだ楽しみなアニメです!

SNSでもご購読できます。